コラム

お子様の奨学金や教育ローンの利用を予定・利用されている方

第1 これから子の奨学金や教育ローンの利用を予定されている方

これからお子様が進学されて奨学金や教育ローンの借入れをご予定されている方は、債務整理をすると奨学金や教育ローンの借入れができなくなるのではないかとご不安に思われているかもしれません。しかし、奨学金については、あくまで借主はお子様であり、ご卒業後支払いをしていくこととなります。今までの事例では債務整理をしたから奨学金が無理だったという話は聞いたことはないので大丈夫であると思われます。

他方、教育ローンについては、借主がお子様ではなく債務整理をされる予定の方、もしくは債務整理をした方の場合には影響があると思われます。
借入れ申込み先にもよりますが、銀行などが扱う教育ローンは断られる可能性があります。
なぜなら、通常の貸付けになりますので、申込みを受けた銀行は信用情報機関に問合わせをすると思われ、債務整理をすると問合わせをした信用情報機関の情報に債務整理をしたという内容の記載があり、その情報を見た銀行は貸付けをしにくくなります。
一既には言えませんが、債務整理をおこなっても奨学金の場合はほぼ大丈夫で、教育ローンについては審査で断られる可能性があるということになります。

第2 奨学金を利用されている方で債務整理を検討されている方

1 奨学金の借入先の確認
もっとも多いのは日本学生支援機構(旧:日本育英会)からの奨学金だと考えられますが、学校独自のものやその他の奨学金制度もありますので、必ず借入先をご確認ください。
また、日本学生支援機構(旧:日本育英会)の場合には、減額返還・返還期限猶予の制度もありますので、そのような制度を利用することができないか、日本学生支援機構に確認し、検討をしてください。

2 保証人の有無の確認
債務整理をする場合、保証人がいるかいないか、保証人との関係性によって債務整理の方法が変わってきますので保証人がいるかどうかについてはしっかりと確認してください。
特に個人再生や自己破産の手続きを選択する場合には、保証人に残額の請求がいくことになりますので注意が必要です。日本学生支援機構(旧:日本育英会)で奨学金を利用している場合には機関保証の制度(保証会社が連帯保証する制度)もありますので、機関保証の制度を利用しているかどうかについても確認をしてください。