任意整理

誰にも知られずに借金を整理しましょう!

誰にも知られず借金を整理するという理想的な方法があります。
それは任意整理という方法です。

なぜ誰にも知られずにできるのか?といいますと、任意整理は裁判所を利用しない手続きのため 、国の記録に残ることはございません。 相談相手の弁護士は守秘義務がありますので、誰かに話すということは絶対にありません。

このように、弁護士以外の誰かに知られるということがないのです。また、弁護士に代理人となってもらって借金を減らし無利息で返済する手続きですので、手間もそれ程かかりません。誰も知られずに、借金を整理したいという方には最適な方法です。

任意任意整理の流れ

依頼があり次第で債権者に受任通知書を発送

通知が届けば、請求が止まります。

債権の調査

弁護士がこれまでの取引経過を取り寄せます。

債務の確定

まず利息制限法に基づき、正しい借金の額を計算し直します。
(引き直し計算)

弁済案の作成

債権者との交渉がまとまりやすいよう、事前に方針を決めておきます。

債権者との交渉

弁護士が交渉に入ります。
弁護士費用完済後に交渉開始と考えてください。
ですので、弁護士費用と業者への返済は被りません。

返済開始

交渉がまとまれば、和解書を作成した上で、弁済がスタートします。

任意整理のメリット

  • 誰にも知られずに月々の返済額の負担の軽減ができる。
  • 自動車ローンを完済していなくても自動車を維持できる可能性がある。
  • 弁護士に依頼した後は、各債権者からの取立てが止まる。
  • 保証人がついている債権者を避けることで保証人に迷惑をかけずにすむ。
  • 裁判所を使わないので、呼び出しなどの時間的な拘束は少ない。
  • 利息や遅延損害金をカットできる可能性がある。

任意整理のデメリット

  • ブラックリストに載ってしまうため、
    数年間は新たな借金やクレジットカードを作ることができない。
    破産を検討してなければならない程負債が膨らんでいるのに、ブラックリストの登録を躊躇している余裕はないかと思います。なお、ブラックリストに登録されても家族・親族に一切影響はありません。
  • 収入状況に照らして借金の元本の返済すらも不可能な場合は、任意整理の方法をとることはできない。

解決事例

解決事例1

相談前
利息18%込みで2社に対して月9万円の返済でした。給与の2分の1に迫る返済額だったので支払いができなくなり、2月滞納している状況で債権者からの督促が頻繁にされ、精神的に参ってしまっていました。
相談後
弁護士に依頼した日に受任通知を送ってもらうことで債権者からの督促が止まりました。 任意整理をすることで利息をカットしたうえで月の返済額が2万円になりました。
弁護士からのコメント
弁護士からの
コメント
任意整理をすることで利息をゼロにし、支払条件の変更で月の返済額を減額できる可能性があります。
他方、債務整理をすることで信用情報に登録され、今後の借入やローンを組むことが難しくなります。
自身の状況の緊急性を考慮したうえで債務整理をするか決めてください。