コラム

過去に自己破産をしたことがあるが,今回も自己破産を検討している方

破産法252条1項10号イによれば,破産免責申立後の裁判所による免責許可の決定が確定してから7年以内に再度破産免責申立てをすることは免責不許可事由になるとされています。したがって,前回の破産から7年が経過していないにもかかわらず,再度の破産は中々難しいという結論になります。前回から7年経過していないにもかかわらず,新たな借金の返済に苦しまれている方は任意整理か小規模個人再生という手続を検討する流れになります。

前回の破産から7年以上経過している場合は上記の免責不許可事由に該当しませんので,今回の債務整理の選択肢に破産が入ってくる形になります。もっとも,二回目以上の破産については当然に裁判所も借入理由・原因・それを踏まえた免責判断について厳しく検討してきますから,前回の破産原因が多額のギャンブルであったにもかかわらず,今回の破産原因も同様の多額のギャンブル等悪質と評価できるような場合については破産免責が認められない可能性も一応あるかと思います。ですので,このような場合は,個人再生といった手続をの可能性を検討した方がいいことになります。他方,前回の破産も今回の破産も原因が生活費等悪質性がないと評価できるような場合には二回目以上の破産もできる可能性は十分にあります(破産の可否とは別に何故今回も破産をすることになってしまったのかは深く反省・原因分析をする必要があると思いますが)。

このように,過去に破産をしたことがある方でも今回につき破産ができる可能性は十分にあります。ですので,一度債務整理の方針についてご相談していただければと思います。