コラム

税金を滞納しているのに借金の返済をしている方へ

私が相談を受けている方の中に健康保険料・国民年金・住民税・固定資産税・自動車税等の税金関係を滞納しているにもかかわらず,税金関係の滞納解消をしようとせず消費者金融・銀行・信販会社からの借入金の返済を優先されている方がいます(税金を滞納しているにもかかわらず,借入金を借入金で返済し,税金関係は放置されている方もいます)。

破産法253条1項1号により税金は破産免責の対象になりません。破産を選択すれば,消費者金融・銀行・信販会社からの借入はよほど悪質な事情がない限り払わなくていいことになります。しかし,税金については破産を選択しても全額そのまま支払う義務が残るのです。税金の支払と借入金の返済が両立ができない時点で支払不能として債務整理を検討すべきタイミングなのですが,多くの人はこのタイミングを逸して親族からの援助金や賞与で借入金の返済に充ててしまっています。債務整理をすれば借入金の返済の負担が軽くなるにもかかわらずにです。他方,税金については破産をしても支払義務が残るだけではなく,これを放置しておくと,国税徴収法に基づき自身の資産が差し押さえられてしまうリスクがあります。税金を支払えない状態であるにもかかわらず,借入金の返済を自転車操業の状態で継続することは経済的に不合理な行為なのです。

借金の返済がきつくなり,かつ,税金の滞納も生じてしまったいる方は,まずは弁護士にご相談ください。