コラム

奨学金と債務整理

奨学金を借りる際には保証人をつけるか,あるいは機関保証を検討する必要があります。

自己破産や個人再生を検討する場合,奨学金も対象になってしまうので保証人をつけている場合,保証人に対して

請求がいくことになります。

そこで,まず,自身の奨学金に保証人がついているのか(それは誰か),機関保証だったのかを確認する必要があります。機関保証の場合は,保証人に迷惑をかけるか否かの点で個人再生や自己破産を懸念する必要がありません。

保証人がついている場合は,奨学金を対象としない形で任意整理ができるかの検討をする形になります。収入や賞与から無理なく任意整理に必要な原資を捻出できるようであれば任意整理を選択し,保証人に迷惑をかけずにできるかと思います。

任意整理に必要な原資を捻出できない場合は個人再生か自己破産を検討する必要があります。その結果,保証人には請求がいく形にはなってしまいます。保証人にはどのような形で請求がいくかですが,業者次第ということになりますが,保証人に対して一括ではなく分割返済でいいといってくれるところもあります。また,あくまで個人再生や自己破産の手続がすべて終了した後という条件はつきますが,迷惑をかけた保証人の方に対して申し訳がないという気持ちがあるのであれば手続終了後に得た給料の中から保証人の方に一定の金額を贈与するという選択肢もあるかと思います。

保証人に迷惑をかけたくないという気持ちは当然であり尊重されるべき感情だと私は思いますが,この感情を重視してしまうあまり借金で自分自身や家族を苦しめる状況が続くのもよろしくないかと思います。

奨学金を含めた借金の返済の相談は弁護士までご相談ください。相談料は無料です。